GPS発信器

最近、GPS発信器をレンタルする業者が増えてきており、インターネットで検索してもかなりの業者が出てきます。
そしてそのGPS発信器も大小さまざまな機種があり、検索時間も長時間タイプなども出回り、最近ではネット上の地図にリアルタイムで移動する事も見て 取れる機種もあり、少し前のスパイ映画でも見ているような世界になりました。

そのレンタル業者の一般的な利用者の多くは個人的な浮気調査で利用している人が多いと聞きます。
なにしろパソコンがなくてもスマートフォンなどでも簡単に位置を検索して見て取れるのです。

配偶者のカバンに忍ばしたり、車に付けたりして今、現在、どこにいるのかをこっそり調べているのです。

ただしこれは配偶者であるからこそ許されるのであって勝手に他人のバックや車に取り付けたりすると犯罪になってしまいます。

もちろん会社が営業車の管理する意味で取り付けたりするのは犯罪ではありませんのでこういった理由でGPS発信器を活用している会社もあるみたいです。

話は浮気調査に戻しますがこのGPS発信器による移動状況を確認することはあくまでも浮気調査の参考資料的なものでしかありません。

いわゆる「浮気の証拠」にはほど遠く、法的な説得力もありません。

例えば、GPS発信器がラブホテル街を示していたからといってラブホテルに入っているとは限らないのです。
まずGPS発信器について簡単に説明しますと殆どの発信器は携帯電話会社の基地局を経由して位置を出してきます。
すると場所によって最大半径500mの誤差が生じる場合もあるのです。

さらに「先日の○○時頃に××町のラブホテルにいたでしょう」などと言わないことです。
中には認める人もいるかもしれませんがまず殆どの人は認めません。
しかも何でそんなことを知っているのかと相手は考えてしまいます。
探偵に依頼したのか、それとも最近の情報に詳しい人であればGPS発信器を思いつくかもしれません。

警戒されてしまったり、発信器を見つけ出されてしまっては元も子もありません。

確実な浮気の証拠を押さえるまでは悔しいでしょうが絶対に口外しないことです。

仮にラブホテルに行っておらず、まだ浮気の確証が取れていないのにGPS発信器を見つけ出されてしまうと貴方自身が不利になってしまう場合もあります。
例えば貴方は浮気を一切したことがありません。
ところが浮気を疑がわれ、GPS発信器を付けられ、見張られていたらと判ったらそんな配偶者と一緒に生活できますか?
婚姻生活の継続に疑問を感じてしまう人も多いかと思います。
ですから浮気の確証が得られるまでは絶対に秘密裏に動くことです。

浮気の確証とはGPS発信器ではなかなか押さえることは困難です。

プロの探偵も近年ではGPS発信器を利用して浮気調査をしています。
ただしあくまでも追跡する上でのフォローする調査機材としかとらえていません。
探偵はGPS発信器を使用したとしても目視による追尾を基本としています。
ですから信号などに引っかかり対象車両が先行してしまった場合、GPS発信器により進行方面を特定、できるだけ早く追いつき、再び目視による追跡が できるようにしているのです。

浮気の証拠とはいつ、どこで、誰と合流してどこに行き、どのような行動を共にしていたかを映像や写真で押さえるしかないのです。
その為にプロの探偵は尾行、張り込みを繰り返し浮気調査を実施しているのです。

仮に浮気相手と思われる家の近くに数時間いたとしても浮気相手と一緒にいるという証拠は何もないのです。

やはりプロの探偵に依頼して浮気の証拠を押さえるしかありません。
確かにプロの探偵に浮気調査を依頼する際にはGPS発信器で得られた情報はかなり役立つのは言うまでもありません。
有意義な情報ですので浮気調査自体の調査料金もかなり抑えられるかもしれませんので決して無駄ではないのです。

ただしGPS発信器の情報はこの程度の情報収集のための機材程度に取られ、上手く活用する事をお勧めします。

しつこいようですが決してGPS発信器での情報は浮気の証拠にはなりづらいという事を認識、肝に銘じておいて下さい。