浮気の兆候

恋人にしろ、配偶者にしろ、もしかしたら浮気をしている。と感じた事はありませんか?
愛情を持って身近で生活をしている人にとっては「第六感」というか肌で感じてしまうとも言われています。
しかし、現実的には「感」ではなく、日常生活の中で相手の何気ない動作や仕草から浮気の兆候を見聞きして、日常との違いを察しているからと思われます。

どういった動作や仕草で「浮気をしている」と感じられているのでしょうか?

帰宅時間が遅くなったり、休日出勤が多くなる

まず仕事が急に忙しくなってという事もあるかもしれませんから一概に言い切れませんが特定の浮気相手と会う時間をどうしても作らなければなりません。
その為に退社後に会ったり、休日に会う為に今までと比べ、多忙になったという理由を付けて帰宅が遅くなったり、休日出勤が極端に増えてくるのです。
中には架空の出張を作り出し、外泊が増えてくる場合もあります。

身だしなみを気にしだしお洒落に気を配る

男女ともに言えることなのですが今まで気にしたことがないのにアンダーウェアを気にしたり、男性ですとネクタイやパリッとしたワイシャツを着たり、 ズボンの折り目などにも気を遣うようになり、カジュアルな服装にも今までにないお洒落な色物を好んだり、女性ですと髪型や化粧などにかなり気を遣い出します。
やはり浮気相手とデートする際にはそれなりの身だしなみをして行こうという気分の高揚からこのような行動を取るとも言われています。

スマートフォン等の携帯電話に気を遣う

これが最も多く「浮気をしているかも」と思われる行動かもしれません。
現在、誰もが携帯電話を持つ時代になりました。
個人に繋がる携帯電話は浮気相手との連絡手段として浮気をしている人にとっても重要なアイテムです。
直接、通話したり留守電にメッセージを残したり、メールなどの文章を多用し連絡を取り合っています。
その為に携帯電話を身近に置き、さわらせないように気を配り始めます。
もし配偶者の携帯電話にロックが掛かっていた場合、ほぼ「浮気」は確実と思って貰ってもけっして過言ではないと思われます。

個人的な外出が増える

こちらも携帯電話に関する行動です。
男性に多くあるのが1人でコンビニに買い物に行くとかちょっと散歩してくるとか1人になる時間を敢えて作りたがり始めたら、それは浮気相手と連絡を取り合う時間を作っていると思ってもけっして過言ではありません。
女性ですと女友だちとの飲食やエステ、サークルなどの参加と称し外出が多くなります。
なかなか仕事という言い訳が使えない女性ならではの口実かもしれません。

お金にシビアになる

特に浮気をしている男性に言える事なのですが浮気相手との飲食代や遊興費を捻出しなくてはなりません。
ある程度の資産を持っている男性ならこんな事はないのですがサラリーマンですとどうにかしてでも捻出しなくてはならなくなってしまいます。
その為に虚偽の冠婚葬祭を挙げ、お金を出して貰ったり、配偶者などに対しても金銭がシビアになってきます。
中にはクレジットカードやサラ金から借金している場合もありますのでカード会社からの封書はチェックしておくべきです。


いくつか浮気の兆候と思われる行動を挙げましたがこれらはけっこうあたっているケースが多いと思われます。
しかし、浮気の兆候があったからといってけっして問い詰めたりはしないで下さい。
どんなに問い詰めても絶対に浮気を認めることはありません。
相手は浮気を認めたことで不利になることを十分に知っているからです。
しかも問い詰めた事で浮気を感づかれた思うでしょう。
いろいろと警戒もしてしまいます。

もし貴方の配偶者や恋人が上記のような行動が見られた場合、黙って速やかに探偵事務所に行かれ、浮気調査の依頼をされる事をお勧め致します。
浮気相手と交際が浅ければ、一番熱くなっている時期であり、会う頻度も多いことでしょう。
しかも貴方に浮気がばれたと気付いていなければ安心して会うはずです。
結果、短期間で浮気の証拠が押さえられ、許すにしても許さないにしても貴方の希望する方向性での話し合いがきっと出来るはずです。

「浮気の兆候」が見受けられたら思い悩まずに速やかに探偵事務所に相談されることが先決です。